【デトロイト空港】直接アメリカ本土へ!デトロイト線の魅力をご紹介【デルタ航空】



デルタ航空で行くアメリカ・カナダのツアーはこちら

名古屋から直接アメリカ本土へ!

名古屋の中部セントレア空港から、アメリカ本土行きの直行便が出ていることをご存知ですか? 行き先は五大湖で有名なアメリカ中西部に位置するミシガン州のデトロイトです。自動車の街としても知られています。運航するのはアメリカ大手、デルタ航空です。デトロイト・メトロポリタン・ウェイン・カウンティ空港(空港コードDTW)はデルタ航空の中西部のハブ空港なのです。

US_5_16JPG
(デルタ航空のアメリカ路線網。五大湖エリアの赤い線が集中しているところがデトロイト。東海岸の北に見える拠点がニューヨーク。南東部のフロリダ半島に赤い線が集中しているのが、ディズニーワールドがあるオーランド。オンタリオ湖のほとりに位置するのがカナダの大都市、ナイアガラの滝の観光拠点でもあるトロントです。)

デトロイトの”地の利”

デトロイトは”出張で訪れる街”というイメージが強いかもしれませんが、実は有名な美術館や博物館が多数ある、観光目線でも見所の多い街なのです。

なお、デトロイトの観光地に関しては是非そちらをご一読ください。
参照:【デルタ航空】直行便で行くデトロイトの観光

【デルタ】直行便で行く!デトロイト観光【デトロイト】

そして、アメリカの中央よりも少し東側にあることから、ニューヨークやオーランド、ワシントンD.C.、そしてカナダのトロントなど、アメリカ東海岸や南部、カナダの都市への乗り継ぎにとても便利な場所にあるのです。この立地を生かして、名古屋発デトロイト経由ニューヨーク行きの路線を活用したパッケージツアーも多く見られます。

そこで、今回はデトロイト空港で乗り継ぎでアメリカ旅行をお考えの皆様に、デトロイト空港がいかに便利か、日本人に優しい空港かをご紹介したいと思います。なお、デルタ航空の機内サービスについてはハワイ路線のコラムに詳しく載せましたので、是非そちらをご一読ください。

参照:ハワイに行くならデルタ航空がおすすめな5つの理由

【ハワイ】に行くならデルタ航空がおすすめな5つの理由【デルタ】

 

デトロイト空港での乗り継ぎ方法

DTW 17 Mar 16 R1

デトロイト空港(地図)、マクナマラターミナルマップ

さて、名古屋-デトロイト直行便の所要時間はノンストップで約12時間半です。アメリカでは、最初に到着した国際空港で入国審査を受けますので、最終目的地がニューヨークやオーランドでも、デトロイト空港で入国審査を受けることになります。最近アメリカでは審査の時間短縮・サービス向上の取り組みの一環で、入国審査の電子化が進んでいますが、特にデトロイト空港はAPCキオスクと呼ばれる読み取り機械の導入が早くから進みましたので、待ち時間の短縮に繋がっています。

(デトロイト空港(DTW)のデルタ航空と提携先のエールフランス/KLMの専用ターミナル、「マクナマラターミナル」です。DTWはターミナルが2つある大きな空港ですが、デルタ航空便同士の乗り継ぎはこのターミナル内で完結して、分かりやすくなっています。真っ直ぐに伸びたAコンコースをメインに、シンプルな形状になっており移動も簡単です。)

入国審査が終わると、デトロイトが最終目的地の方はそのまま出口に向かいます。乗り継ぎのお客様は、預け入れ手荷物をいったん受け取り、検査を受けたのちに、乗り継ぎ便に預け入れをします。この導線も分かりやすく表示されていますので、迷うことはありません。

 

コンコース内の移動は名物のモノレールで

手続きが済むと、レストランやショップ、空港ラウンジ「デルタ スカイクラブ」、乗り継ぎ便の出発ゲートがあるマクナマラターミナルに出ます。このとき、出発便案内ボードで出発ゲートの番号と搭乗時刻を確認しておくと安心です。

このターミナルには、デトロイト空港の名物と言える、有名なモノレール「EXPRESS TRAM」が走っています。ご利用はもちろん無料です。
Tram
(デトロイト空港は、昔から日本人利用客が多いので、ターミナル内のいたるところにわかりやすい日本語表示がみられます。エクスプレス・トラムの案内版には「次のモノレールのノースステーション出発は○○分後です」という親切な表示も。)
Tram-train
マクナマラターミナルには、「デルタ スカイクラブ」が4箇所あります。ビジネスクラス「デルタ・ワン」をご利用のお客様、マイレージクラブ「スカイマイル」のゴールド以上のメダリオン会員の方は、スカイクラブを使うことができます。

Skyclub
(ターミナル内に4箇所あるうちの2つのデルタ スカイクラブは、モノレール駅に直結しています。こちらは北側のモノレール駅に直結しているスカイクラブ)

Skyclub2

(ラウンジ内にはソフトドリンク、アルコール類、コーヒー類に加えて、ヘルシーなサラダやスープなどが用意されています。もちろん無料Wi-Fiが完備されています。)

ラウンジを使わない場合でも、このターミナルにはコーヒーショップやレストラン、お土産やさんが豊富にあるので、搭乗までの時間を楽しむことができます。デトロイト空港のウェブサイトにお店情報が紹介されていますので、興味のあるかたはアクセスしてみてください。言語選択で、日本語を選択できます。

Acon1

(コンコースからは搭乗準備中の飛行機をすぐ真横から見ることができます。搭乗ゲート横にはリラックスできるシートがじゅうぶんに用意されています。また、スマホやPCを充電する「充電ステーション」も豊富に設置されていますので安心です。)

搭乗時刻になったら、乗り継ぎ便のゲートに行きます。ゲートが離れているときは、先ほど紹介したモノレールのご利用をおすすめします。

目的地まではあと数時間!

デトロイト経由で人気の渡航地は、ニューヨーク、オーランド、ワシントンD.C.、カナダのトロントなどです。

デトロイトからニューヨークへの乗り継ぎの際は、日本からの直行便が乗り入れるジョン・F・ケネディ空港やニューアーク空港ではなく、国内線のハブ空港でマンハッタンにほど近いラ・ガーディア空港便が便利です。デトロイトからラ・ガーディア空港(LGA)までは2時間弱での到着です。入国審査はデトロイトで済ませていますので、ニューヨークでは荷物を受け取り後、すぐにマンハッタンに向かうことができます。LGAからミッドタウンまでは、渋滞にはまらなければ車で約30分ほど。大変便利です。
(タクシーや各種シャトル、空港バスサービス(有料)があります)

2016年7月現在のフライトスケジュールでシミュレーションすると、セントレア空港をDL630便で夕方4時35分に飛び立ち、12時間半後の同日午後4時5分にデトロイト空港到着。乗り継ぎ時間の1時間35分の間に入国審査や乗り継ぎ便への荷物預け入れを行い、午後5時40分発のDL569便ラ・ガーディア空港行きに乗り継ぎ、2時間弱後の同日7時39分にニューヨーク着、というスケジュールです。デトロイト空港で急がずに余裕をもって乗り継ぎたい、という方は、1本あとの便にする、などのアレンジも可能です。

同じように、フロリダ州オーランド(MCO)に乗り継ぐ場合は、デトロイトからのフライトの所要時間は約2時間半、ワシントンD.C.(DCA、街中に近い国内線用のレーガンナショナル空港)へはわずか約1時間半で到着と、中西部の地の利を生かした路線網が発達しています。また、カナダのトロント(YYZ)は、国は違いますが、デトロイトと同じ五大湖エリアの近隣の街ですので、1時間10分程で、あっという間の到着です。(トロントはカナダ最大の都市。美しい町並みや自然はもちろん、ナイアガラの滝への観光拠点としても広く知られています。また、大リーグのトロント・ブルージェイズをはじめプロスポーツが盛んなので、スポーツ観戦を目的に訪れる方も多い、魅力的な街です。)

以上、名古屋からアメリカ本土やカナダに行く際に、デトロイト空港がいかに便利かをご紹介いたしました。名古屋-デトロイト便を使ったツアーも数多く出ていますので、ご利用してみてはいかがでしょうか。

最後に、補足情報です。帰国便の乗り継ぎの際には、デトロイト-名古屋便に搭乗する前に、そろそろ懐かしくなる日本食を求めて、人気レストラン「SORA(空)」に立ち寄っても良いかもしれません。(もちろん機内食もしっかりと出ますので、食べすぎは禁物です。)

Sora restau
今年リニューアルオープンした日本食レストランSORA(空)はAコンコース内の中央寄り、搭乗ゲートからも程近い便利な場所にあります。
IMG_3927
こちらはきつね蕎麦。だしがきいていて美味しいです。
IMG_3923

(日本語表示があるのは、モノレールや日本食レストランだけではありません。デトロイト空港は日本人のお客様が多いので、あらゆる看板に日本語表示がでています。)

デルタ航空で行くアメリカ・カナダのツアーはこちら

帰国便の機内では、ハワイ便のブログでもご紹介した、デルタ航空の機内エンターテインメント「デルタ・スタジオ」でじゅうぶんにお楽しみください。名古屋から渡米する際は、ぜひデルタ航空の名古屋-デトロイト便をご活用ください。

DELTA_739CGI_CP_CAM01_0878_4k_IFE_v01 (2)
A330_DeltaOne-1m
機内プロダクトやサービスについては、こちらをご参照ください。
参照:ハワイに行くならデルタ航空がおすすめな5つの理由

【ハワイ】に行くならデルタ航空がおすすめな5つの理由【デルタ】

A330resort

デルタ航空で行くアメリカ・カナダのツアーはこちら





その他同じカテゴリーの記事

【マレーシア】ペラトン洞窟寺院-PERAK CAV...

イポーはペラ州の州都であり、マレーシアで3番目に大きな都市です。 クアラルンプールから車で約2時間[...]
Read More >>

2017/05/03

【マラッカ】水上モスクIN マラッカ島【マレーシア...

水上モスク・MASJID SELAT MELAKA(マラッカ海峡モスク) マレーシアの観光に必ずと[...]
Read More >>

2017/03/17

行ってきました♪ホーチミンで話題の古いアパート

ホーチミンのどこにでもある古いアパート。その部屋を借りて若者が自分のお店をオープンし、トレンドの発信[...]
Read More >>

2016/12/03

【タイ】バンコクに行ったらおさえたい!現地駐在員が...

こんにちは。サワディーカップ~! タイ・バンコクもやっと、ジメジメした季節が過ぎ去り、すが[...]
Read More >>

2016/12/19

【ドゥテルテ大統領来日】マニラの魅力をご紹介①

時の人、フィリピン共和国大統領のドゥテルテさん。昨日、羽田に到着しましたね。利用した飛行機は[...]
Read More >>

2016/10/26

【マレーシア】話題のフライボード!【プトラジャヤ】

TVやCMで話題となり今や世界各地で人気沸騰のフライボードがマレーシアでも体験できます。 [...]
Read More >>

2017/07/20

【クアラルンプール】KLCC噴水ショー

KLCC(クアラ・ルンプール・シティ・ センター)と言えばツインタワーです。 ここは終日を[...]
Read More >>

2017/01/26

【バリ島】至極のリゾート「ムリア」へ行ってきました...

ザ・ムリア、ムリアリゾ-ト、ムリアヴィラス 「豪華絢爛」でありながら、気負いせずリラックスが出来る[...]
Read More >>

2017/09/12

【エアプサン】オリコン日本顧客満足度ランキングLC...

人気・サービス面ではなく価格先行で予約してしまうことが多いLCC航空会社。 預け荷物の総量やキ[...]
Read More >>

2017/02/02

instagram

その他旅のご相談

この旅のご相談、その他の旅のご相談は下記の電話番号にてお申し込み、ご相談を受け付けております。 また、メールでのご相談も何でもお気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせは
東京  03-5759-8411 10:00〜18:00(月〜金)
名古屋 052-583-1959 9:00〜17:30(月〜金)
大阪  06-6311-6622 10:00〜18:00(月〜金)

※土・日・祝・年末年始 休業