【エジプト】ツタンカーメンの墓を発見した「ハワード・カーター」の家 5 最終回



ハワード・カーターはこの日干しレンガの家に住み、日々発掘作業をしていましたが、
スポンサーであるカーナボン卿(第5代目カーナボン伯爵ことポーチェスター男爵ジョージ・ハーバート)はルクソールのホテルに滞在していました。ですが、この家にもカーナボン卿の部屋がありました。

192021

この上の写真の椅子ですが、発掘していた当時カーナボン卿がこのような椅子に座り、
本を読んでいる写真が残されています。

Carnarvon

この写真の人物がカーナボン卿です。
これはツタンカーメンの墓を発掘していたメンバーのひとり、ハリー・バートンが撮影したものですが、カーナボン卿を紹介する際に良く使用されている写真です。

余談ですが、カーナボン伯爵邸はイギリス・ハンプシャーの「ハイクレア城」です。
人気ドラマの「ダウントン・アビー」の撮影に用いられたのが、この「ハイクレア城」です。

そしてこのカーナボン卿がルクソールで敗血症が原因で亡くなったとき、謎の言葉を残し息を引き取ったと言われています。その言葉とは「彼が呼んでいるからついて行く」
でした。

カーナボン卿の死を皮切りに、ツタンカーメンの墓に入った人や発掘関係者が亡くなったことから、「ファラオの呪い」と騒がれたのはこの「ツタンカーメン王墓」です。カーナボン卿は残念ながら、ツタンカーメンのミイラに対面することなく亡くなりました。

しかし、ハワード・カーター(1874-1939)はツタンカーメンの墓の発掘を最後まで終わらせ、その後も生存し、亡くなったのは65歳です。もしファラオが呪いをかけたのであれば、人を選んでかけたことになります。

Howard_carter

こちらがハワード・カーターです。

カーター・ハウスミュージアムには、ツタンカーメン王墓のレプリカ墓があり、博物館のチケットで見学が出来ます。
レプリカの墓は、オリジナルの墓をスキャンしたデータをもとに再現されています。
本物の墓と見比べてみると面白いと思います。

カーター・ハウスの横には、「ワセダ・ハウス」があります。
カーター・ハウスと同じ日干しレンガ作りで、早稲田隊が西岸で発掘・修復作業等をする時に今でも隊員が使用しています。

24

写真中央に見える建物が「ワセダ・ハウス」です。
早稲田隊も西岸でいろいろ重要な墓の発見、発掘を行っています。

エジプトに行きたくなったらこちらから

関連記事

【エジプト】ツタンカーメンの墓を発見した「ハワード・カーター」の家 4





関連のカテゴリー:エジプト中東・アフリカ

その他同じカテゴリーの記事

【エジプト】ルクソール西岸 メディネト・ハブ (ラ...

倒した敵の数の証拠品 メディネトハブ(ラムセス3世葬祭殿)の中に入ると、壁や柱、天井まで文字や絵が[...]
Read More >>

2017/02/07

【エジプト】ルクソール西岸 メディネト・ハブ (ラ...

メディネト・ハブの面白いところは、古代の建物の作りが分かるほど遺跡が残っている ところにあります。[...]
Read More >>

2017/04/17

【エジプト】ルクソール西岸 メディネト・ハブ (ラ...

遺跡の謎の溝 エジプトの遺跡を見たことのある方は、このような状態の神殿などの壁を見たことがあるので[...]
Read More >>

2017/02/05

【エジプト】ツタンカーメンの墓を発見した「ハワード...

カーターのオフィスの隣に、カーターの寝室があります。 ベッドに誰か座ったのか、[...]
Read More >>

2016/07/12

【エジプト】ツタンカーメンの墓を発見した「ハワード...

カーターは毎日この家から、ロバに乗って王家の谷に通勤していました。 では、家の中に入りましょう。 [...]
Read More >>

2016/07/12

【エジプト】ラマダンランプが並び始めます。

ラマダンのご紹介ラマダンは6月6日から エジプトでもこの習慣がだんだん薄れてきたように感じます[...]
Read More >>

2016/05/24

【エジプト】ルクソール西岸 メディネト・ハブ (ラ...

第一塔門の謎の窪み メディネト・ハブは建物の保存状態が良いため、葬祭殿の中に入るには 塔門から入[...]
Read More >>

2017/02/03

【エジプト】ツタンカーメンの墓を発見した「ハワード...

ツタンカーメンの墓は、ルクソールの西岸、王家の谷と呼ばれる場所にあります。 ファラオの墓は、時代に[...]
Read More >>

2016/07/11

【エジプト】ツタンカーメンの墓を発見した「ハワード...

カーターハウスには、作業をしたり、食事をしたりする場所がありました。 テーブルには、カ[...]
Read More >>

2016/07/13

その他旅のご相談

この旅のご相談、その他の旅のご相談は下記の電話番号にてお申し込み、ご相談を受け付けております。 また、メールでのご相談も何でもお気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせは
東京  03-5759-8411 10:00〜18:00(月〜金)
名古屋 052-583-1959 9:00〜17:30(月〜金)
大阪  06-6311-6622 10:00〜18:00(月〜金)

※土・日・祝・年末年始 休業