【タイ】バンコク 世界遺産アユタヤ遺跡観光へ



タイ・バンコクを代表する観光地、世界遺産アユタヤ遺跡。「母なる河」チャオプラヤ河の流に囲まれたこの街は、かつてはアユタヤ王朝の首都でしたが、その華麗なる繁栄を極めた都も隣国ビルマの猛攻にあい、現在では遺跡として残っています。

その石像達の無言の瞳ははるか過去を見つめているかのようです。

当ツアーでは往復バスを利用します。

ホテル出発 →

【バンパイン宮殿】

バンパイン宮殿バンパイン宮殿1

アユタヤ王朝時代に築かれた夏の離宮を再建したもの。タイ様式で造られた美しいパビリオンや、謁見用の宮殿、教会のような見目のはいかな仏塔など、多彩で優雅な建築物でいっぱいの敷地内は、アミューズメントパークさながらの華やかさ。アユタヤ時代から残る建物や、チーク材をふんだんに使った豪華な中国風建築もある。螺鈿細工の施された家具がとっても素敵で、ハイセンスなデザインに古の職人の技と、その時代の「豊」の大きさを感じます。

【服装注意】
上着:男性・女性共通:タンクトップ、ノースリーブのように肩を露出するものは

不可。(半そでTシャツはOK)
下着:男性・女性共通:くるぶしまである長ズボンまたはスカート
靴   :靴か、かかとにバンドがあるサンダル。かかとの後ろにベルトが無いものは

不可です。

 

【日本人街跡(車窓)】

日本人町跡

山田長政の銅像が実物大だと聞いてビックリ。すごく小さく、プラス私たちのひざ高さほどの台に乗っていたような記憶も。敷地入口の石碑、「アユチヤ」になってす。

アユタヤ遺跡

【ワット・ヤイチャイ・モンコン】

ワット・ヤイチャイ・モンコン(9)ワット・ヤイチャイ・モンコン(15)ワット・ヤイチャイ・モンコン(10)

高さ72mの仏塔がそびえる寺院。ビルマ軍に勝利したことを記念するもので上に登ることもできる。周りには、20世紀になって作られた黄色い衣装を身に着けた仏坐像が囲んでいます。

【ワット・マハタート】

ワット・プラ・マハタート(7)ワット・プラ・マハタート(1)ワット・プラ・マハタート(3)

2つの説を持つ、謎に包まれた13世紀の名残りある寺院です。ビルマ軍の侵略で廃墟と化した地から財宝が発見されました。木の根の間に埋め込まれた仏像が有名な寺院です。1369年~1370年の2代のラーメスアン王が建てたという説と、1370年~1388年の3代ボロラーチャー1世が建てという説がある13世紀の重要な寺院の一つです。
かつては塔の頂上が黄金色に輝いていたこの寺院もビルマ軍の侵略により廃墟と化し、今は木の根の間に埋め込まれた仏像の頭や、頭部が無い仏像、崩れ落ちた煉瓦の壁や礼拝堂の土台が残るのみとなっています。1956年の修復の際、塔の跡地から数々の黄金仏や宝飾品などが発見され、これらは現在チャオ・サン・プラヤー国立博物館に展示されています。

【ワット・ロカヤスタ】

ワットロカヤスタ(1)ワットロカヤスタ(3)ワットロカヤスタ(8)

ワット ロカヤスタはアユタヤの西方、クン・ベーン・ハウスの北側のうっそうと生い茂る広大な草原に悠然と寝そべる高さ5m、全長28mの巨大寝釈迦仏像です。1956年に復元されたもので、80歳で入滅した仏陀をあらわしています。まわりには寺院も本堂もなく、長い手足をゆったりと伸ばし、静か笑みを浮かべているかのように横たわりながら、繁栄を続けたアユタヤ王朝から今に至るまで、時代の栄枯成衰を見つめ続けています。何ともいえない優しげで穏やかな表情と人間味あふれる姿に、現実をしばし忘れ心が安らぐ事を実感できます。

【プラシー・サンペット】

ワット・プラ・スィー・サンペット(8)ワット・プラ・スィー・サンペット(1)

苔むしたセイロン様式の仏塔が時代の繁栄を偲ばせる歴代3人の王が眠るタイの最も重要な王宮建物です。1491年、最初の王朝の宮殿跡に建てられたアユタヤで最大規模を誇った王室専用寺院でした。1500年にラマティボディー2世によって作られた高さ16m、171Kgの黄金仏像も、1767年のビルマ軍の侵略により、寺院もろとも破壊されました。今は歴代3人の王の遺骨を納めたセイロン様式のチェディーと呼ばれる苔むした仏塔がわずか3基が残るのみとなりましたが、バンコクのエメラルド寺院同様、最も重要な王宮建物のひとつといわれています。

【ビュッフェの昼食】

クルンスリーリバー1クルンスリーリバー2

タイ、インターナショナル(洋食)のバイキングスタイルの昼食をお楽しみください。

バンコクへお越しの際は是非、ご参加くださいませ!

東京・名古屋・大阪 各地からの
バンコクへ行くツアーはこちら↓

バンコクへ行くツアーはこちら

 





関連のカテゴリー:アジア・観光タイ・観光アジアタイ
関連のタグ:

その他同じカテゴリーの記事

【翠玉白菜】世界四大博物館の台湾・故宮博物院へ行こ...

中国の歴代皇帝達が受け継いできた至宝が、一堂に会する故宮博物院。 中国大陸に興った各王[...]
Read More >>

2016/05/02

【インドネシア】ボロブドゥールは世界最大の立体”曼...

バリ島から飛行機で70分のジョグジャカルタは古代から華麗な王朝文化が花開いた伝統ある都市です。 [...]
Read More >>

2016/10/06

【クアラルンプール】ヘリラウンジバー【KLナイトス...

ヘリラウンジバー クアラルンプールの人気スポット、夜景とお酒の楽しめるバーのご紹介です。 [...]
Read More >>

2017/01/25

【韓国】Nソウルタワープラザに行ってみた!

2016年の3月にNソウルタワーの横に、飲食店とOLEDが楽しめる施設、「Nソウルタワープラザ」がで[...]
Read More >>

2016/09/09

【ベトナム】夏のハノイへ!

日本は紫陽花が美しい時期になりましたね! こちらハノイでは夏の花の象徴である「バンラン[...]
Read More >>

2016/06/06

【韓国】2018年冬季大会ジャンプ台とアルペンシア...

韓国・平昌(ピョンチャン)と江陵(カンヌン)レポート2回目は、平昌地区の情報です。 2[...]
Read More >>

2017/01/20

シンガポールの夜景スポット

ガーデンシティー、シンガポール。近代的な都市国家のこの国には、きらびやかな夜景スポットが目白押し。人[...]
Read More >>

2016/04/26

【フィリピン】マニラより:世界で初のNBAカフェ

バスケが国技ともいわれるほど盛んなフィリピン。 現在ものすごいスピードで発展してきている都会の[...]
Read More >>

2016/07/22

【郊外観光】美しきブルーモスク

クアラルンプール郊外「シャーアラム地区」にマレーシアで最も美しいモスクがあります。 その名も「[...]
Read More >>

2016/10/04

その他旅のご相談

この旅のご相談、その他の旅のご相談は下記の電話番号にてお申し込み、ご相談を受け付けております。 また、メールでのご相談も何でもお気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせは
東京  03-5759-8411 10:00〜18:00(月〜金)
名古屋 052-583-1959 9:00〜17:30(月〜金)
大阪  06-6311-6622 10:00〜18:00(月〜金)

※土・日・祝・年末年始 休業